ホクホクが特徴のさつまいもの種類と焼き芋を簡単に美味しく作る方法3選

0
1033

近年、蜜芋ブームでねっとり系、しっとり系が人気が高くなっています。

でも、やっぱり、昔ながらのホクホク系さつまいもが、おいもらしくて一番好きという声を多く聞きます。

今回は、ホクホクが特徴のさつまいもの種類と、焼き芋を美味しく作る方法について紹介します。

1 ホクホクが特徴のさつまいもの種類

1-1 東の「紅あずま

1984年 「関東859」に「コガネセンガン」を交配し出来た品種。

主に関東地方で人気のある品種で、現在もっとも多く流通しているさつまいもです。

皮の色は少し紫がかった濃い赤色をしており、果肉の色は黄色。

上品な甘味で繊維質、水分が少なく、口の中でほろりとほどける粉質です。

1-2 西の「高系14号

1945年 高知県農事試験場で早掘り用品種として選抜育成された品種。

高系14号は主に中部以西から西日本で多く作られています。

果皮の色は赤みが強くやや厚みがあり、果肉は生の状態ではクリーム色。

糖度が高く粉質で、加熱すると黄色くホクホクとした甘い芋になります。

1-3 改良品種

徳島県の「なると金時」、石川県の「五郎島金時」、宮崎県の「宮崎紅」、鹿児島県の「べにさつま」などは、高系14号から改良されたオリジナル品種で、食感もホクホク系です。

2 簡単にホクホクの焼き芋を作る方法

2-1 レンジを使用する場合

2-1-1 簡単ホクホクふかし芋

・さつまいもをよく洗い、ぬらしたキッチンぺーパーで包み、その上からラップで包みます。

・200Wで約15分ほど電子レンジで加熱し、中心の太い部分に箸がすっと入ったら出来上がり♪

2-1-2 時短ホクホクふかし芋

・さつまいもをよく洗い、ぬらしたキッチンぺーパーで包み、その上からラップで包みます。

・700W 2~3分→200W 10分加熱→そのまま蒸らして出来上がり♪

2-1-3 裏ワザで焼き芋

・レンジで加熱したふかし芋を、フライパンで表面に焦げ目をつけると、裏ワザ簡単 本格的な焼き芋に。

さつまいもをレンジで美味しく焼きいもにする方法

2-2 オーブンを使用する場合

・さつまいもをよく洗い、アルミホイルで包む。

・160℃のオーブンで60~90分焼く。(途中で上下をひっくり返す。)

ホクホクしつつ、ねっとりとした焼き芋になります。

※水洗い後、濡らした新聞紙で包んだ後アルミホイルを巻いて焼くと、よりホクホクした焼き芋に仕上がります。

さつまいもをオーブンで美味しい焼き芋にする方法

2-3 圧力鍋を使用する場合

・さつまいもをよく洗い、蒸し台にのせ水を200mlほど加えて加圧。

・加圧10分後、自然に圧力が下がったら出来上がり♪

※さつまいもの重量、太さにより加熱時間が多少異なります。

さつまいもを圧力鍋で美味しいふかしいも(焼きいも風)にする方法

まとめ

オリジナル・ブランドさつまいもが開発・改良され、多種多様なさつまいも。

蜜たっぷりのねっとり系も美味しいが、定番のホクホク系品種は繊維が少なくキメ細やかで、ほろり・しっとりとした甘い焼き芋になります。

あなたのお好みの焼き芋を探してみてはいかがでしょう?