黒くなっても食べられる?さつまいもの黒い部分の正体とは

黒くなっても食べられる?さつまいもの黒い部分の正体とは

さつまいもを切ったら黒ずんでしまった!こんな経験ありませんか?

黒ずんでいるところは食べても大丈夫なのか、食べない方がいいのか、と心配になりますよね。

今回は、黒ずんでも食べられる?さつまいもの黒い部分の正体についてみていきましょう!

1 さつまいもの黒い部分の正体

1-1 皮にある場合

さつまいもの皮に、黒い蜜固まったようなものが付着しているのを見たことがありませんか?

これはヤラピンといってさつまいもが持つ特有の成分です。

さつまいもをツルから外した際に、その切り口からヤラピンが分泌されて、固まったものが皮に付着している場合があるのです。

砂などが中に入って固まっている場合があるので、その部分だけそぎ落としてつかうと良いでしょう。

 

1-2 切った時に斑点状にある場合

さつまいもを切って料理しようとしたときに、断面に斑点状に白または少し黒っぽい模様がある場合があります。

これも1-1と同じさつまいもに含まれるヤラピンという物質です。

ヤラピンは空気に触れて少し時間がたつと、黒っぽく変色しますが食べても全く問題ありません

切ってすぐに水につけると変色をある程度防ぐことができます。

 

1-3 加熱後に黒くなった場合

熱後に黒っぽく、または緑がかった黒色に変色することがあります。

これはクロロゲン酸というコーヒーなどにも含まれることで知られる苦みを伴う物質です。

食べても問題はありません。

2 さつまいもが食べられない状態

2-1 ふわふわしたものがある

さつまいもの皮やキズの部分白っぽいふわふわ緑のふわふわがついている場合がありますが、それはカビです。
さつまいもには水分栄養が含まれていますし、存する湿度温度帯によってはカビや菌にとってすごしやすい環境になります。

さつまいもを洗い流してカビが洗い流せれば食べても問題はありません
カビがついていた部分が変色していたら、その部分だけ取り除いて食べることはできますが、他にも痛みがある場合もあるので注意が必要です。

2-2 ニオイがきつい

ニオイがきつくなっているものも傷んでいる恐れがあります。

発酵臭や、青臭さなどを感じたら食べるのを控えた方がいいかもしれません。

 

2-3 プニョプニョと柔らかい

さつまいもがプニョプニョと柔らかくなる場合があります。
全体が柔らかいのではなく、端がすこしシワシワになっていて柔らかいケースなど様々ですが、プニョプニョになっているものは傷んでいることがほとんどです。
プニョプニョに部分を切って変色していたら傷みですのでその部分は食べられません

端から柔らかくなっているものは、柔らかい部分を切り落として使用することもできます
柔らかい部分を放置すると傷んでいない部分まで傷みが進行してしまいますので、切り落として早く使いきってしまうことをおすすめします。

詳しくはこちらの記事をチェック!
さつまいもにカビが生えても大丈夫⁉︎見極め方と保存方法

まとめ

○さつまいもは黒くなってしまっても食べられる場合がある

ヤラピンが黒くなっているものは食べられる

クロロゲン酸で黒くなっているものは食べられる

○さつまいものが食べられない状態

カビがついている(カビを取り除いて変色等なければ食べられる)

においがきついものは食べられない

プニョプニョとやわらかいものは食べられない