さつまいもに美容効果があるって本当!?キレイになれる秘密を大公開

さつまいもに美容効果があるって本当!?キレイになれる秘密を大公開

わたしたちにとって身近な食材のひとつである「さつまいも」。

ホクホクした食感とやさしい甘み、どこか懐かしさを感じるような美味しい味わいのさつまいもは、美容効果が高い食品として話題を集め、韓国女性の美容食としても取り入れられているんです。

女性の美容法というと、化粧品を使ったお肌の表面的なケアが一般的になっているので、さつまいもを食べながら、どんなお肌のより良い変化が期待できるのか、ますます興味を惹かれますよね。

食べて美味しく、楽しみながら美肌を目指すことができるよう、さつまいもの驚くべき美容効果・おすすめの食べ方をご紹介していきます!

さつまいもは準完全栄養食品で美容効果が高い

美容に欠かせない栄養成分、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含有されたさつまいもは、その栄養価の高さから、「準完全栄養食品」として、古い時代からたくさんの人に親しまれてきました。

美容はもちろん、ダイエットや健康にも役立つさつまいもには、特に美容の面でメリットがある、次のような栄養素が豊富に含有されているんですよ。

肌荒れや大人ニキビの改善に!ヤラピン

さつまいもの代表的な栄養成分、「ヤラピン」は、美容とのかかわりが大きい、食物繊維の一種として知られています。

さつまいもからヤラピンが体内に吸収されると、腸内の善玉菌を増やすためのエサとなったり、悪玉菌を減らす効果が期待できるため、腸内環境が整い、スムーズなお通じによって、肌荒れや大人ニキビの改善・予防の美容効果が期待できます。

繰り返しできてしまうことが多い大人ニキビや肌荒れは、腸内環境の悪化や、体内に毒素・老廃物が蓄積されていることが大きな原因。

さつまいものヤラピンは、腸内環境を健やかに整えてお通じをスムーズにするので、この流れによって体内の老廃物・毒素が排出でき、そこからつややかで丈夫な肌質へとケアしてくれるのです。

エイジングサインのケアにも!ビタミンE・ポリフェノール

年齢を重ねると、シミやシワ、フェイスラインのたるみが目立ち始めてしまうので、基本的なスキンケアと合わせて、カラダの内側からのケアも必要になります。

さつまいもに含有されている「ビタミンE」「ポリフェノール」は、

  • 滞りやすい血液やリンパ液のめぐりを活性化し、血色の良い美肌に
  • お肌の冷えを予防しながら、代謝のサイクルを安定させる
  • エイジングサインの原因となる活性酸素を除去する

などの効果が期待でき、さつまいものビタミンE・ポリフェノールの含有量は、数ある食品の中でもトップクラスだといわれています。

さつまいものエイジングケア成分は、老化の進行を食い止めながら、若々しいお肌細胞・美肌をキープしてくれるので、年齢肌のサインが気になる人にこそ試してほしい美容食となっているんですよ。

さつまいもはむくみのケアにも効果的!カリウム

フェイスラインやカラダのむくみ・重さは、過剰に塩分・水分を摂取してしまっていることが大きな原因。

さつまいもに含有されている「カリウム」は、体内に蓄積されたままの余分な水分・塩分を、利尿作用によって体外に排出する働きがあるため、気になるむくみをスッキリシャープなフェイスラインに整えてくれる効果も

また、さつまいものカリウムは、お肌に必要な水分だけを溜め込み、長時間保水する効果も認められているので、むくみとお肌の乾燥が気になる女性にも最適な美容食となっています。

シミ・くすみにもさつまいも!ビタミンC

さつまいもには、美容成分としても注目されている「ビタミンC」もたっぷりと含有されています。

ビタミンCは、熱や胃酸に溶けだしてしまうデリケートな性質を持っているのですが、さつまいもに含有されたビタミンCは、熱や胃酸にも溶けだしにくく、体内への吸収が良いといわれています。

ビタミンCには、

  • 紫外線ダメージによって発生したメラニンを分解、排出
  • 紫外線から産生されるメラニン発生を未然に防ぐ
  • シワやたるみのケアに役立つコラーゲンを産生する
  • お肌内部に存在している線維芽細胞の働きを活性化する
  • 疲労回復や活性酸素の除去

などなど、たくさんのお肌に嬉しい美容効果が期待できるため、さつまいもを取り入れた美容習慣のスタートが、ますます楽しみになりそうですね。

さつまいもを食べてキレイになろう!美容に良い食べ方とは?

 

さつまいもは、身近なマーケットや専門店、インターネットの通販でも手軽に、リーズナブルに購入することができるので、美容食・習慣として取り入れることも、カンタンで気楽に感じられるメリットがありますね。

さつまいもに含有されている栄養成分と美容効果を押さえた次は、このメリットを最大限に活かすための上手な食べ方・おすすめのポイントを参考にしてみましょう!

塩を使わずに食べる

さつまいもを食べるときは、シンプルに蒸かすことが多いのではないでしょうか?

この時、ついついたっぷりの塩を振りかけてしまうと、過剰な塩分摂取によってフェイスラインやカラダのむくみが悪化、繰り返し起きてしまうことがあります。

さつまいもは、特別に味付けをしなくても、蒸すだけで甘みと旨味が十分に引き出されるので、素材の美味しさをそのままに活かすような食べ方を心がけてみましょう。

朝食の代わりに置き換えて食べる

朝は出かけるための準備が忙しく、栄養バランスの整った朝食を食べる・その用意が難しいケースもありますよね。

さつまいもを朝食代わりに食べると、準完全栄養食品でもあることから、ビタミンやミネラル、エネルギーの源になるタンパク質や適度な糖質も、バランスよく補うことができます。

また、朝にさつまいもを食べると、腸に水分が溜め込まれてぜん動運動を活性化するので、便秘の解消にも役立つでしょう。

他の食材よりも満腹感があるさつまいもですので、朝ご飯の代わりに食べると、美容と健康、ダイエットのすべてのメリットが実感できるかもしれませんよ。

皮ごと食べる

あまり知られてないのですが、さつまいもは身の部分と同じくらい、皮にもたくさんの栄養成分が含まれているんです。

さつまいもの皮には、身にも含有されている「ヤラピン」「食物繊維」と、皮のみに含有されている「アントシアニン」という栄養成分があります。

アントシアニンは、現代人にとってのマストアイテム、パソコンやスマートフォンで酷使した目をいたわったり、眼精疲労の緩和・予防の効果が期待されています。

アントシアニンはアンチエイジングにも役立つポリフェノールの一種となっているので、皮ごと食べると身には含まれていない栄養成分もまるごと補うことができますよ。

サラダにして食べる

さつまいもは、フルーツや野菜とのアレンジもしやすい食材。

サラダやフルーツ、ヨーグルトの付け合わせ、スムージーにして飲むなどのアレンジをしてもとても美味しく、さつまいもをプラスするだけでより満腹感も得られるので、食べすぎの予防にも役立ちます。

サラダやフルーツに合わせてさつまいもを食べるようにすると、さまざまな食品の栄養成分がまるごと補えるので、お肌の内側からの美容にも一役買ってくれるでしょう。

さつまいもの美容効果♪~まとめ~

美容に効果的なさつまいもについて、今までには知り得なかった情報に美意識が刺激されたのではないでしょうか?

キレイと健康、メリハリのあるスタイル維持にも役立つさつまいもで、もっと充実した毎日をお過ごしくださいね!