さつまいもの値段はどれくらい?美味しいさつまいもをオトクに購入しよう

さつまいもの値段はどれくらい?美味しいさつまいもをオトクに購入しよう

紅あずまや安納芋など、いろいろな種類が販売されているさつまいも。

味や風味、甘さや見た目はもちろん、さつまいもはその種類によって値段が変わってくるんです。

ここでは、スーパーマーケットや野菜の直売店、通販サイトなどで販売されているさつまいもの種類別に、値段と特徴をまとめてご紹介!

美味しくて甘いさつまいもをオトクに購入して、美味しいレシピに活かそうと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

1 さつまいもの値段相場はどれくらい?

紅あずまや高系14号など、世間一般の代表的なさつまいもの値段相場は、どのくらいになっているのでしょうか?

さつまいもの旬の時期の相場を調べてみると、

  • 平均:189円
  • 最安値:77円
  • 最高値:247円

が相場となっていることがわかりました。

2 品種によっても値段が違う!品種別の値段相場

続いては、さつまいもの品種と、気になる値段相場を参考にしてみましょう。

2-1 高系14号

さつまいもの代表的な品種であり、大手スーパーマーケットでも販売されている「高系14号」は、

  • 徳島の鳴門金時
  • 石川の五郎島金時
  • 香川の坂出金時
  • 高地の土佐紅
  • 鹿児島の紅さつま
  • みやざきの宮崎紅

という6つもの品種が展開されています。

西日本での生産量が多い高系14号は、他のさつまいもの種類と比べると、果肉や皮の色が薄めで、しっとり濃密な甘みが特徴となっています。

高系14号は焼き芋を始めなめらかでしっとりした食感が特徴になっていることから、スープやスイーツとして食べるのがおすすめです。

高系14号の値段相場・基本情報

値段相場 1本あたりおよそ198円、1袋当たりおよそ298~398円
皮の色 薄い赤紫
果肉の色 薄い黄色
食感 しっとり、ややねっとり
おすすめの食べ方 ポタージュやスムージー、スイーツなど
旬の時期 8~2月

2-2 紅はるか

2013年に品種登録された「紅はるか」は、さつまいもの中でも比較的新しい種類となっています。

紅はるかには、

  • 茨城の株式会社ポテト:紅天使
  • JA全農大分:甘太くん
  • 宮崎県串間市:葵はるか

などのユニークなネーミングが特徴となり、甘みが強く収穫後はホクホクした食感を味わうことができます。

九州121号、春こがねというさつまいもの品種を交配した紅はるかは、焼き芋にすると糖度が50度を超えることもあるため、甘みが強いさつまいもを探している人にもおすすめの品種となっています。

紅はるかの値段相場・基本情報

値段相場 1㎏あたりおよそ1,000円
皮の色 濃いめの赤紫色
果肉の色 黄色と白
食感 甘みが強く、収穫後はホクホク、貯蔵後はしっとりに
おすすめの食べ方 蒸し芋、焼き芋、スイーツ
旬の時期 11月~1月

 

2-3 安納芋

蒸し芋や焼き芋を始め、和洋中とさまざまな料理に活用することができる「安納芋」は、調理をすると蜜があふれるほどに甘く、

  • フルーツこがね
  • 安納紅
  • 安納こがね
  • 安納もみじ
  • 安納みつき
  • 灯龍蜜いも

食感に粘り気があり、強い甘みが特徴の安納芋は、その地域によっては「蜜いも」とも呼ばれています。

安納芋の果肉のオレンジ色は抗酸化作用成分のひとつ、βカロテンとなり、健康・美容・ダイエットを意識している人や、料理の見た目を鮮やかに仕上げたいと思う人にもおすすめの品種となっています。

安納芋の値段相場・基本情報

値段相場 1袋当たりおよそ298円~398円、1㎏あたり1,200円
皮の色 安納紅は濃いめの赤紫、安納こがねは薄い黄色
果肉の色 あざやかなオレンジ
食感 ねっとり
おすすめの食べ方 きんとんやスイーツ、煮物など
旬の時期 10~1月

 

2-4 鳴門金時

「鳴門金時」は、徳島県を代表するさつまいもの名産品として知られています。

高系14号を品種改良してつくられた鳴門金時は、栗のような濃密な甘さとホクホクした食感が特徴で、焼いたり蒸したりすると、徐々に甘さがにじみ出るようになります。

食感のバランスがよいさつまいもの品種となっているので、小さなお子さまから高齢の方までに食べやすく、和洋中、スイーツにも使いやすいメリットがあります。

鳴門金時の値段相場・基本情報

値段相場 1㎏あたりおよそ1,200円
皮の色 赤みが強い紫色
果肉の色 黄色っぽいオレンジ
食感 ホクホク、さっくり
おすすめの食べ方 スイーツ、和洋中
旬の時期 11~2月上旬

 

2-5 シルクスイート

2012年に種苗の販売がスタートした「シルクスイート」は、

  • 春こがね
  • 紅まさり

というさつまいもの品種を交配して作られた、高級感のあるネーミングも印象的な種類。

シルクスイートは、他のさつまいもの品種に比べると、甘さが控えめなので、和洋中すべてのレシピアレンジに活用することができます。

採れたてのシルクスイートはホクホクした食感が特徴で、貯蔵期間が長い商品を選ぶと、ねっとり濃密な食感に変化するので、いつでも美味しく、飽きずに食べることができますよ。

シルクスイートの値段相場・基本情報

値段相場 1㎏あたりおよそ1,000円
皮の色 赤紫
果肉の色 薄い黄色
食感 ホクホク、しっとり
おすすめの食べ方 焼き芋、煮物、スイーツなど
旬の時期 11~2月

2-6 いもジェンヌ

新潟県では一般的・他の地域からは特産品として知られている「いもジェンヌ」は、キュートなキャラクターが存在し、話題を集めているので、小さなお子さまにも人気のさつまいも。

いもジェンヌの名前は商標となり、品種は紅はるかのひとつになっています。

さつまいもの品種は、どれもそれなりに高額に販売されていますが、いもジェンヌは1㎏あたり600円となっているので、購入しやすいところも人気のヒミツ。

ねっとりした食感が特徴のいもジェンヌは、鮮やかな皮のカラーと、透明感のある果肉のカラーが特徴となっているため、スイーツに活用すると高級感あふれた印象に仕上がることでしょう♪

いもジェンヌの値段相場・基本情報

値段相場 1㎏あたり600円
皮の色 茶色がかった赤紫
果肉の色 あざやかな黄色
食感 ねっとり
おすすめの食べ方 スイーツや炒め物、ポタージュなど
旬の時期 10~2月

2-7 クイックスイート

「クイックスイート」は、一般的なさつまいもの品種とは違い、開発が目的で作られためずらしくレアな品種として注目を集めています。

  • 九州30号
  • ベニアズマ

というさつまいもの品種を交配させたのち、選抜・育成を経て品質登録され、比較的新しい種類になっています。

クイックスイートは扱い方・調理方法がとてもカンタンで、電子レンジで加熱したり、蒸し器でサッと蒸すだけでもさつまいも特有の甘さを引き出し、石焼き芋のようなホクホク感としっとり粘り気のある食感の両方を味わうことができます。

クイックスイートの値段相場・基本情報

値段相場 1㎏あたり1,500円
皮の色 赤紫
果肉の色 黄色
食感 ホクホク
おすすめの食べ方 炒め物や焼き芋など
旬の時期 9~11月

まとめ

全国各地にたくさんの品種が展開されているさつまいもは、価格・食感・見た目にも大きな違いがあることがわかり、これからの購入・調理・食事がますます楽しみになりそうですね。

自分やご家族の好みに合わせてさつまいもを選び、その品種に適した調理方法で、美味しさと甘さ、独特の食感をどうぞお楽しみくださいませ!