さつまいもの冷凍は加熱後が最良!保存方法から生冷凍がNGな理由

さつまいもの冷凍は加熱後が最良!保存方法から生冷凍がNGな理由

さつまいもは寒さに弱く、低温障害を起こしてしまうため冷蔵保存には不向きです。しかし常温で保管しておくときも、温度や湿度が適切でないと芽が出てしまったり、傷んでしまったりすることもあります。

そこで今回は、温度管理のいらない手軽なさつまいもの冷凍保存の仕方をご紹介します。あたためてすぐに食べられる方法や解凍してすぐに料理にも使える保存法にぜひチャレンジしてみましょう。

1 さつまいもを生のまま冷凍保存は「NG」離水して筋っぽくなる

さつまいもは生のままの状態での冷凍保存はあまりおすすめできません。生のままで冷凍すると解凍した後に、離水を起こし水分が抜けてしまい中がスカスカの状態になり筋っぽい舌触りになってしまいます…

せっかくのさつまいものおいしさが失われてしまいます。今回おすすめするのは、加熱したあとに冷凍保存する方法です。

2 さつまいもの冷凍保存は加熱後。1ヶ月を目処に消費を

冷凍保存するとき大切なことは、加熱したあとに冷凍することと、さつまいもが凍るまでにかかる時間を短縮することです。

急速冷凍がいい!」ということを一度は聞いたことがあると思います。食材や料理は完全に凍るまでの時間が短ければ短いほど、より本来のおいしさが保たれます

そのため、さつまいもを加熱したあとは速やかに凍らせることを意識しましょう。

具体的には、

  • さつまいも同士が重ならないように保存袋に入れる(カットしている場合)
  • できるだけ保存袋の中で薄く広げる(つぶした場合)
  • 金属製のバットに袋ごと入れる
  • 保冷剤などをそばに置く

などが効果的です。

冷凍保存をした場合のさつまいもの賞味期限は1カ月ほど。

洗ってしまったり冷蔵庫に入れていたりした場合だと1週間も持ちません。それに比べると冷凍保存はおいしさ長持ちで、利便性の高い保存方法です。

 

3【パターン別】さつまいもの冷凍保存の方法

ではこれからさつまいもの冷凍保存をパターン別にご紹介していきます。用途に合わせて保存方法をチョイスしてみてくださいね!

3-1 焼き芋にして冷凍保存

まずは焼き芋にしてから冷凍する方法です。お好みの方法で作ったものを用意してください。

今回はオーブンを使った甘くておいしいオススメの焼き芋の作り方をご紹介します。

①さつまいもをきれいに洗って、1本ずつアルミホイルで包みます。

150~160℃のオーブンで70分~90分焼きます。

③途中何度かひっくり返します。

④竹串が通るやわらかさになったら完成。

焼き芋の粗熱を取り、まるごとチャック付きの保存袋に入れて冷凍庫へ。

まるごとだと凍りにくいので、できるだけ金属製のバットに入れたり保冷剤をそばに置いたりしましょう。こうすることで解凍したときに、焼きたてに近い焼き芋が楽しめます

解凍するときには電子レンジで温めるとすぐにおいしい焼き芋が食べられます。

また冷蔵庫に移して1~2時間ほどたった半解凍の焼き芋アイスもおすすめです!

↓オーブン以外の焼き芋の作り方はこちらの記事を参考にしてみてください↓

さつまいもをレンジで美味しく焼きいもにする方法

アルミホイルは必要!?トースターでしっとり焼き芋を作るための方法

 

3-2 ゆでてから冷凍保存

次にゆでてから冷凍保存する方法です。先ほどの焼き芋よりも料理やお菓子作りにと使い勝手がよく、すでに火が通っているので時短にも◎

①さつまいもをきれいに洗って、輪切りにして10分ほど水にさらし、アク抜きをします。

②鍋に①とたっぷりの水を入れ沸かし、竹串がスッと通るくらいまで煮ます。

③火が通ったら湯からあげて、キッチンペーパーなどで水気をふきとります。

 

粗熱をとったら保存袋に重ならないようにいれて、空気を抜いて冷凍します。解凍するときは、夏場なら冷蔵庫での解凍冬場なら常温での解凍がおすすめです。

 

さらに切り方を変えたり、つぶしたりすることで使える料理のレパートリーが広がります!

  • 輪切りのさつまいもは、天ぷらやみそ汁に。
  • ゆでる前のカットを乱切りにすれば大学いもや煮物に。
  • 短冊切りにすれば炒め物に。
  • ゆであがったあと、熱いうちに粗くつぶしておけばサラダやコロッケに。
  • ペースト状につぶしておけばスープやスイートポテトにも。

一度に多めにゆでておいてパターン別に分けておくのもオススメですよ。

 

まとめ

さつまいもは加熱してから速やかに凍らせることで、おいしく冷凍保存することが可能です。

冷凍するときは、

  • 保存袋の中で重ならないように広げる
  • 金属製のバットや保冷剤を使う

これでよりおいしさが保たれます。

 

さつまいもの冷凍保存での賞味期限は1カ月ほど。

焼き芋にしてから冷凍しておけば、解凍してすぐおやつに。ゆでてから冷凍しておけば、さまざまな料理やお菓子にすぐ使えてとっても便利です。

おいしさ長持ちで便利な冷凍保存を賢く取り入れて、さつまいもをおいしく食べましょう!