さつまいもの主な7つの栄養素と100mg当たりで取れるその量

さつまいもの主な7つの栄養素と100mg当たりで取れるその量

秋の味覚として知られるさつまいもですが、近年、NASAがその栄養素の高さから、「準完全食品」として研究されているとのニュースもあり、栄養素の高い野菜としても知られるようになりました。

そこで今回は、さつまいものに含まれる栄養素と、さつまいも100mgに含まれれる量を調べてみました。

1 さつまいもの7つの栄養素とその効果

2-1ビタミンC

体の細胞同士を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、カルシウムやミネラルの吸収を促進する働きがあります。

通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています。

2-2 食物繊維

根菜類に多く含まれる栄養素で、人が持つ消化酵素では分解することができないため、体内に吸収はされません。

水に溶けやすい水溶性食物繊維は小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えると言われます。水に溶けにくい不溶性食物繊維は大腸を刺激し、排便をスムーズにすることで腸がきれいになります。

2-3 ヤラピン

さつまいもを切った時に断面に染み出してくる白い液体です。

さつまいもに含まれる特有の成分で、熱に対して安定的、加熱調理をしても変質しません。腸の蠕動運動を促進し、便をやわらかくするといわれています。

2-4 カリウム

野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素です。

ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています。

2-5ビタミンE

油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。

抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。

この働きによって細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。

2-6アントシアニン(紫品種)

アヤムラサキなどの紫品種には赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、アントシアニン色素が含まれています。

アントシアニン色素は生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制すること(抗酸化作用)が近年明らかになってきています。

2-7βカロテン(安納芋)

安納芋には、緑黄色野菜の多く含まれるβカロテンという栄養素が含まれています。

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。

こちらも抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に期待できます。

他にも、白内障の予防や視力の維持等、目の健康にかかわっています。

2 最大限栄養を取るために行うこと

2-1 皮ごと食べる

皮ごと食べることで、皮に含まれるビタミンCやポリフェノールを摂取できます。

また、ヤラピンは皮と身の間に多く含まれているといわれているので、皮ごと食べることで、あますことなくさつまいもの栄養をとれます。

3 人が1日に必要な栄養はさつまいもでどれくらいとれる?

3-1ビタミンC

1日あたり100mgが必要量。

さつまいもには100gあたりに29mgと1日に必要なビタミンC量の約1/3が入っています。ビタミンC量はリンゴの約7倍です。

3-2食物繊維

1日あたり20gが必要量。

100gあたりに2.3g、1日に必要な食物繊維量の約1/9が含まれています。

これはレタスの2倍、ごはんの約10倍です。

3-3カリウム

1日あたり2500mgが必要量。

さつまいも100gあたりに470mgが含まれていて、これはモロヘイヤやあしたばとほぼ同等の量です。

3-4ビタミンE

1日あたり6.5mgが必要量。

100gあたりに、1.6mg、1日に摂取すべきビタミンEの約1/4が摂取できます。

これはビタミンEが多いとされるかぼちゃに匹敵します。

3-5ヤラピン

ヤラピンには1日の必要量はありませんが、食物繊維と合わせて摂取することで、相乗効果を得られます。

さつまいもは便秘に良いとされている所以です。

まとめ

さつまいもには、主に7つの栄養素が含まれれることがわかりました。
・ビタミンC
・食物繊維
・ヤラピン
・カリウム
・ビタミンE
・アントシアニン(紫品種)
・β カロテン(安納いも)

また、さつまいも100gあたりに含まれる栄養素の量は、
ビタミンC 1日必要分の約1/3(リンゴの約7倍)
食物繊維 1日必要量の約1/9(ごはんの約10倍)
カリウム 1日必要分の約1/5
ビタミンE 1日必要分の約1/4
となっています。

さつまいもは皮も一緒に食べることで、ビタミンCやポリフェノール、ヤラピンといった美容に良い成分を多く摂取することができるようなので、料理に使うときはぜひ皮も一緒に楽しんで見てください。

そんな栄養価の高いさつまいもを贅沢に使ったスイーツを、千葉県香取市の「さわら十三里屋」では堪能できます。→詳しくはこちら

焼き芋や干し芋大福、芋どらなど、懐かしの味に新しさを加えたさつまいもスイーツが味わえます。

また、さわら十三里屋が遠くて行けない…という方にもうれしいオンラインショップも!

ご自宅で甘くておいしいさつまいもスイーツが楽しめますよ。→詳しくはこちら