誰でも簡単にできる!さつまいもの素揚げの作り方

誰でも簡単にできる!さつまいもの素揚げの作り方

さつまいもの素揚げって切って揚げるだけだから、だれが作っても同じだと思っていませんか?

実は、ちょっとしたひと工夫で食感や甘さが変わるんです!

今回はおススメの調理方法と誰でも簡単にできるちょっとしたひと工夫をご紹介いたします。

 

1 準備するもの

1-1 道具

・包丁
・まな板
・ボウル・・・大きめのもの1つ
・ザル・・・大きめのもの1つ
・フライパン・・・1つ(揚げ物用にお使いのものがあればそちらで大丈夫です。)

 

1-2 材料

・揚げ油・・・さつまいもが浸るくらいの量
・さつまいも・・・2本
・塩・・・適量

 

2 美味しいさつまいもの素揚げの作り方

2‐1 レシピ

①さつまいもを皮ごとよく洗います。

②ヘタを切り落としてから皮ごとスティック状にカットし、水につけておきます。

*このカットの厚みで食感が変わるので下の記事を読んで好きな厚みにしてください。

③5~10分くらい水に漬けたらザルにあけて余分な水分はキッチンペーパーで取ってください。

④揚げ油をまず、140℃にセットして約5分揚げます。

⑤さつまいもを一旦取り出して、180℃に揚げ油の温度を上げて約1分半フライします。

⑥その後取り出して、熱々の状態で塩をお好みで振れば出来上がり!

3 美味しく作るためのコツ

3-1 2度揚げ

おいしく作るためには手間を惜しまず、2度揚げにチャレンジ!

まずは低温でじっくりと甘みを引き出していきます。

その後、高温でカリッと食感になるようにフライします。

手間だけどさつまいもの甘さを引き出しつつ外側のカリッと感を出すにはおススメのフライ方法です。

3-2 さつまいものカット方法

①カリカリにしたいとき

カリカリにしたいときは7mm幅のスティック状に切るのがおススメです。

長いステイックの7mm幅だと包丁で切るのは至難の業なので、短めのステッィクにすると7mm幅もどなたでも挑戦できます。

細くなってしまう分、火の通りが速いので、140℃で約3分、180℃で約45秒くらいにしましょう

焦げないように注意してみてください。

②ホクホクにしたいとき

ホクホクを楽しみたい方におススメの厚みは17mmのスティック状です。

17mmの厚みだと上記のレシピのまま作っていただければ外はカリッと中はホクッとした食感を作ることができます。

ホクホク食感のさつまいもを作るときは揚げた後にバターに浸してしっとりさせて食べてもおいしいですね。

 

まとめ

さつまいもの素揚げを作るときには2度揚げするのがおススメです。

カット方法によって食感や甘さが変わるのでいろんなカット方法をぜひ試してみてください。

また、さつまいもの素揚げはカット方法やトッピングをいろいろ変えてみることで、あなただけのオリジナル素揚げを作ることができます。

はちみつやマヨネーズなど合わないかなと思っても意外とおいしい組み合わせもあるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?